偏差値2那由多

一般男性の公開ポエム

Roseliaファンミーティングでの明坂聡美の言葉

Roseliaファンミ夜の部のLVに行ってきた。

今回のMVPは間違いなく明坂聡美だと思う。もちろん元々は脱退する前のフィナーレだったので初めからMVPではあったのだが、今回のライブに行った人やLVを見た人の多くにとっての彼女に対する印象がガラッと変わったはずだ。

クイズコーナーとミニライブを終えた後に明坂に対するメンバーのお別れの手紙の読み上げがあったが、僕的にはそこまで来なかった。確かに目の前の画面で泣いてる人たちが苦しそうに手紙を読み上げるのを見ていると流石にこっちも悲しくなるけれど、正直それ以上の感情はなかった。というよりも一般的にお別れの言葉で使われるボキャブラリなんてまあ限られているので、あけしゃんが辞めるのが悲しいって気持ちはまあまあわかるんだけど、新しい何かが感じ取られる雰囲気ではなかった。

僕はどちらかと言うと、その後の明坂のスピーチに心を動かされた。

 

正直な話、2010年あたりの"みつどもえ"で明坂のことを知ったけど、ファンミが始まるまでただの変な人だと思ってた。Twitterの発言も挑発的な上に彼女のブログとかを頻繁に読んでいたわけでもないので、「変なキャラを作ってる声優」といったぼんやりした印象しかなかった。

しかし今回のファンミの発言は非常に好印象だった。

「正直燐子は誰にも渡したくねえ!」という言葉は白金凛子という役を全うする明坂の言葉に感じたし、「Roseliaのペースに私が追いつかなくなった」と言ったときに少し視線が下に向いてたのがわかった時は見てて辛かった。突発性難聴なんてある意味ガチャみたいなもので、誰に当たっても大変だろうけどRoseliaのような業界の最前線で活躍するバンドに所属してる人に当たったら尚更だ。それでも「涙はEwigkeitに置いてきたから!」と言い放ち最後まで泣かず、辛そうな他のメンバーを励ます姿に相当な度胸を感じた。

明坂の言葉は全て個人的な話だけど、他人を前提としない覚悟とそれを諦めなきゃいけない途轍もない絶望感が伝わったのでうるっときた。よく聞くお別れスピーチ語録はほとんど使わず、頭の中でこんがらがってるであろう苦しみや失望感と言った様々な感情を上手く紡いで発言していた。

 

もしも明坂が「ファンの皆さまが〜」とか「メンバーが〜」とか「感謝の気持ちが〜」という話を延々としてたら、多分白けてた。別に明坂を舞台に立たせるためにRoseliaを応援してるわけじゃないし、彼女だって他のメンバーのためだけに演奏してるわけじゃないだろう。

重要なのは「その舞台に立つ自分は何者で何を考えているのか」ということで、そこに他人はほとんど関係ない。その疑問に淡々と答える明坂は観客が一番聞きたい内容を的確に突いていた。

いろいろな意味で感情だったり抽象的なことを表現するのが上手い人なんだろう。間違いなく大人のスピーチだと思ったし、ここまで器の大きい人はなかなかいない。

降板なんてしたくなかったんだろうけど、挫折した上で導き出した結論を堂々と発表した明坂は間違いなくMVPだ。

明坂聡美、あっぱれ。今後もRoselia以外の仕事も応援していきたい。

 

ch.nicovideo.jp