偏差値2那由多

一般男性の公開ポエム

マブラヴオルタネイティヴとヴィジュアルノベルの強み

マブラヴオルタネイティヴを攻略した。もちろんR18版。

総プレイ時間30時間くらいかな?先週の水曜日に買って日曜日に終わらせたけど、木金は働いてたから実質3日で1日10時間前後プレイした計算になる。映画ですら集中力が続かない僕がここまで何かに釘付けになったのは久々だった。まあいつもの如くずっと画面を見続けるのはきついのでたまに運動したりしたけど、それでもここまで集中できたのは奇跡に近い。

率直な感想を言うと、マブラヴオルタネイティヴは今までで一番リアルに戦闘と死について考えさせられる作品だった。

今まで読んだどの戦争もののフィクション本や映画よりも、「人と人が争う」ことの愚かさや世の不条理というものが鋭く伝わってきた。というのも、本や映画にはかなり極端な弱みがある。言葉だけで伝えるには限界というものが存在するし、映画は尺や演出の影響で単調な見せ方はできない。

 

僕はUNLIMITED編をやった時に「なんでこのゲームをエロゲにする必要があるんだろう」と純粋に疑問に思った。時代性ってものもあるんだろうけど、エロゲというかヴィジュアルノベル全体としてあまり戦闘モノが合わないイメージがあった。映像も少ないし、そもそも戦闘シーンをつけたかったらアクションゲームなり映画なりのほうが割りに合ってる。

まあ、エロシーンを一部つけたかったからなのかな、というのも推測できた。ちなみにマブラヴ無印はPSVitaでやったため、そのような描写を見てないからこのような疑問が浮かんだというのも否めない。ただ全年齢版でも一応ぼかしながら濡れ場を描けたんだから、無理にエロゲにする必要性が見当たらなかった。

 

ゲームが終わってから思ったのは、これはむしろヴィジュアルノベルだからこそ伝えられるメッセージがあったのでは?ということだ。

例えば伊隅大尉が佐渡島で凄乃皇弐型の破壊をしたときの伊隅ヴァルキリーズ各メンバーとの最期の会話というのも、映画やアクションゲームでちんたらやってもイライラするだけだ。

BETAの横浜基地奇襲戦の様子も、武と速瀬視点と涼宮姉視点と冥夜視点と……と全部いちいち確認するのはやはり途轍もない時間が掛かるし、それでも全て確認しないと速瀬の最期と純夏が持つ能力の関連性が導けない。

最後の方で夕呼先生が言った「BETAとのコミュニケーション以前に、人間同士の相互理解が必要なの。それこそが、人類生存の鍵を握っているわ」というセリフも、あの巨大な世界観を理解した上で納得できるもので、2時間の映画で言われてもちょっと唐突すぎる。

やはりどんなバチバチな戦闘ものだろうと、大きく広げた風呂敷をじっくり回収するには映画や本という媒体よりもヴィジュアルノベルが強いのかな?と思った。的確に描写を伝えつつ時間をかけて一つ一つの言葉を解釈してもらうには、ヴィジュアルノベルが一番効果的なのかもしれない。

 

それにしても、なんでマブラヴやシュタゲ、Fateのような巨大な世界観のヴィジュアルノベルがあまりないのだろう。無理に凝りすぎたアクションゲームを作るよりも比較的低予算でプレイヤーにじっくり世界観を味わえさせることができる気がするんだけど。まあそもそもここまで大きい世界観を作った時点で既に低予算ではないんだろうけど。

もちろん、恋愛ものを否定するつもりは全く無いし、そういうゲームを昔からやってきた僕はむしろ肯定派だ。

僕が言いたいのは、ヴィジュアルノベルというのが「映画」「アニメ」「本」「音楽」「ゲーム」と言ったメッセージを伝える媒体の候補の一つとしてあまり浸透してないんじゃないかな、ということだ。

それはそもそもヴィジュアルノベルの過半数がエロゲだからっていうのもあるし、そのエロゲ業界というのがかなりクローズドな環境だから印象として煙たがられやすいから、というのもあるだろう。

しかしスマホが浸透したことで、スマホのような低スペックコンピュータでも遊べるヴィジュアルノベルというのも少しずつ受け入れられている気もする。実際、アニメ絵を使うかなりのスマホゲームはヴィジュアルノベルでストーリーを進めていたりする。

何となく、これからヴィジュアルノベルの「触っちゃいけない感」が剥がれていく気がする。スマホゲームの浸透によって、ヴィジュアルノベルが媒体の一つとして考慮される日はそう遠くないと思う。

そうなった時、ヴィジュアルノベルの名作というのが増えることを強く望む。

軌跡シリーズやマブラヴのように独自の巨大な世界観を持つ作品を愛する者として、そのような世界観を比較的低コストで高い次元で実現できるプラットフォームが浸透することは非常に佳いことなのだ。

テイラー・スウィフトの投稿は民主党を優位に回すか

www.instagram.com

歌手のテイラー・スウィフト中間選挙に向けて初めて政治的なコメントをしたことで話題になった。日本語訳はこっち↓

www.huffingtonpost.jp

インスタグラムの投稿によると、テネシー州民主党候補であるPhil BredesenとJim Cooperに、それぞれ上院下院で投票するらしい。

そして投票の決め手になったのは(特にPhil Bredesenについては)LGBTQの差別解消やマイノリティの援助らしい。

 

多分ちょっとでも感くぐりやすい人というか懐疑的な人だったら、そこまで捻くれてなくても「誰がカネを払ったんだ?」と疑問に思うだろう。そしてそんなことを言ってる人はあまりいないので、もしかしたら自分が捻くれすぎてるだけかもと勘違いしてしまう。

だが、僕も全く同じ気持ちだ。誰がこのキャンペーンにカネを払ったんだろう。

この投稿でスウィフトが批判しているMarsha Blackburnという下院議員は、テネシー州 中間選挙そこそこ優位にいるらしい

42%の支持を受けているPhil Bredesenに対して50%の支持を受けているMarsha Blackburnなのでまあなかなか難しい。そもそもテネシー州はブッシュ・マケイン・ロムニー・トランプと共和党を支持し続けてきた真っ赤な州なのだ。この状況を巻き返す方法など、セレブリティに頼み込むくらいしかないのかな、と想像できる。

 

ちなみに下院で推薦しているJim Cooperという候補だが、投票記録を見る限り愛国者法・イラク戦争NSAのスパイ活動という過去20年の過ちスターターパックの全てに賛成してきた、アメリカのみならず世界を駄目にする腐敗民主党議員だ。

2008年の選挙の際に国民健康保険の是非の議論をしたときには、Cooperのあまりにも近代的というか退廃的で保守的なリフォームに流石のヒラリー・クリントンも反対したという(今となっては都市伝説ものだが、当時のヒラリーは強制医療保険に前向きだった。2016年選挙ではトランプが保険にやや賛成の意を示し、ヒラリーはそれを笑って蹴った)。特徴的なウォールストリートにべったりしてる民主党議員としか言いようがない。

そんなのたくさんいるから普通じゃんと思われそうだが、そもそもこのスターターパックに賛成してる多くの議員が未だにのうのうと在籍してる事実のほうがおかしいのだ。

スウィフトはBlackburnの投票記録をもとにいろいろ批判しているわけだが、つまりどのようにして候補の投票記録を確認するのか知っているのだろう。もっというと、彼女がJim Cooperはどういう人物なのかわかって言ってると僕は確信している。

なんというかカネの匂いしかしない候補なのだが、このような人物を支持すると表明して若者に投票せよと激励されても、なんかキナ臭い感じしかしない。

 

もちろん極論でしかないが、もしここまで書いた文章が百万人の人に読まれたとしたら、何十万人という人が僕の意見に概ね納得すると思う。おそらくは、僕が今書いた文章を読む以前に自分で出した結論で全く同じ感想が出来上がってる人も少なくないはずだ。

それなのに同じような声をあまり聞かないのは、過剰なポリコレ意識があるからではないか?

ポリコレというのは一種の呪文みたいなもので、具体的には”私はマイノリティを支援します"”いかなるジェンダーアイデンティティにも差別しないと誓います”と前置きを書くだけで呪文が発動し、その意見に逆らうものはどんなにまっとうなことを言おうと「反ポリコレ」という理由だけで論破されてしまう。

この発言に関する何かしらのネガティブなレスポンスをした場合、民主党候補を支持する人に反対した→民主党の反対は共和党→例の共和党候補は反LGBTQで反男女平等→よってお前は差別主義者、といった思考回路で殴られるのがお決まりのパターンなのだ。だから堂々と反対するのは論理的に正しかろうが"仕組み"的に間違ってるから間違ってることとされる。

このポリコレ意識が蔓延している間は"差別反対”を全面に出している人に対して些細な疑問を投げることは許されないので、必然的にスウィフトにネガティブな反応を公に見せている人は実際よりも少ないはずだ。

 

本題に入ると、このスウィフトのムーブは民主党的に見て正しいものだったのか、ということが疑問に残る。

これがどう話題を呼ぼうと、中間選挙や2020年の選挙で民主党を優位に回さないと意味がない。どこからどこにカネが入ったのか知らないけど、DNCもスウィフトも相互メリットがあると踏んでこの行動に出たわけだから、民主党的にも自身が優位に回ったかを分析する必要は大いにある。

結論から言うと、少なくとも中間選挙民主党議員を上手くアピールすることはできないと思う。もしかしたらスウィフトが推薦した二人の候補の支持率は上がるかもしれないけど、他の州ではあまり良い方に回らないだろう。

この手のセレブリティが前に出てポリコレ論を説教する姿に多くの人々はうんざりしている。一番わかりやすいのは16年の大統領選で投票直前に出てきたビヨンセだが、成金タレントが"差別反対!""差別反対!""差別反対!"と御託を並べても、ほとんどの人は差別以前にカツカツの世界で生きているので心に響かない。

こういう連中に限って、差別反対とセレブに言わせて庶民を扇動する裏で汚いカネを動かしている。成金貴族がカネをばら撒くはずがないので、庶民に寄り添うような顔をしている割に彼らが提唱する経済政策や社会政策は庶民に厳しい。

アメリカ国民の中流階級はちょっとずつポリコレの呪文のバカバカしさに気づいているし、それが初めて数値として反映されたのが16年選挙なのだ。

 

DNCは、ここ2年で何を反省したのだろうか?僕はてっきりトランプの勝利を見て戦略を見直したのかと思ってたけど、もしかして全部ロシアとプーチンのせいにして考えるのをやめちゃったのかな?

セレブにポリコレ主義を代弁させることこそがアメリカを分断する要因の一つだ。事実、セレブの寄せ集めに"I'm with her"と言わせたヒラリーはかなりの国民を苛つかせた。今回のスウィフトのパフォーマンスによって、多くの若者が白けた気持ちになったのは確かだろう。

スウィフトの真意は知らないけど、差別反対なんて何百番煎じだよって感じだし、これはDNCから見たらあまりいい一手ではないだろうなあと思う。

 

これに関して日本人である僕ができることなんて目を細めて対岸の火事を眺めるような気持ちで今後の動向に注目することくらいしかないのだが、それが対岸の火事で済まされないから面倒くさい。

Roseliaファンミーティングでの明坂聡美の言葉

Roseliaファンミ夜の部のLVに行ってきた。

今回のMVPは間違いなく明坂聡美だと思う。もちろん元々は脱退する前のフィナーレだったので初めからMVPではあったのだが、今回のライブに行った人やLVを見た人の多くにとっての彼女に対する印象がガラッと変わったはずだ。

クイズコーナーとミニライブを終えた後に明坂に対するメンバーのお別れの手紙の読み上げがあったが、僕的にはそこまで来なかった。確かに目の前の画面で泣いてる人たちが苦しそうに手紙を読み上げるのを見ていると流石にこっちも悲しくなるけれど、正直それ以上の感情はなかった。というよりも一般的にお別れの言葉で使われるボキャブラリなんてまあ限られているので、あけしゃんが辞めるのが悲しいって気持ちはまあまあわかるんだけど、新しい何かが感じ取られる雰囲気ではなかった。

僕はどちらかと言うと、その後の明坂のスピーチに心を動かされた。

 

正直な話、2010年あたりの"みつどもえ"で明坂のことを知ったけど、ファンミが始まるまでただの変な人だと思ってた。Twitterの発言も挑発的な上に彼女のブログとかを頻繁に読んでいたわけでもないので、「変なキャラを作ってる声優」といったぼんやりした印象しかなかった。

しかし今回のファンミの発言は非常に好印象だった。

「正直燐子は誰にも渡したくねえ!」という言葉は白金凛子という役を全うする明坂の言葉に感じたし、「Roseliaのペースに私が追いつかなくなった」と言ったときに少し視線が下に向いてたのがわかった時は見てて辛かった。突発性難聴なんてある意味ガチャみたいなもので、誰に当たっても大変だろうけどRoseliaのような業界の最前線で活躍するバンドに所属してる人に当たったら尚更だ。それでも「涙はEwigkeitに置いてきたから!」と言い放ち最後まで泣かず、辛そうな他のメンバーを励ます姿に相当な度胸を感じた。

明坂の言葉は全て個人的な話だけど、他人を前提としない覚悟とそれを諦めなきゃいけない途轍もない絶望感が伝わったのでうるっときた。よく聞くお別れスピーチ語録はほとんど使わず、頭の中でこんがらがってるであろう苦しみや失望感と言った様々な感情を上手く紡いで発言していた。

 

もしも明坂が「ファンの皆さまが〜」とか「メンバーが〜」とか「感謝の気持ちが〜」という話を延々としてたら、多分白けてた。別に明坂を舞台に立たせるためにRoseliaを応援してるわけじゃないし、彼女だって他のメンバーのためだけに演奏してるわけじゃないだろう。

重要なのは「その舞台に立つ自分は何者で何を考えているのか」ということで、そこに他人はほとんど関係ない。その疑問に淡々と答える明坂は観客が一番聞きたい内容を的確に突いていた。

いろいろな意味で感情だったり抽象的なことを表現するのが上手い人なんだろう。間違いなく大人のスピーチだと思ったし、ここまで器の大きい人はなかなかいない。

降板なんてしたくなかったんだろうけど、挫折した上で導き出した結論を堂々と発表した明坂は間違いなくMVPだ。

明坂聡美、あっぱれ。今後もRoselia以外の仕事も応援していきたい。

 

ch.nicovideo.jp