偏差値2那由多

一般男性の公開ポエム

2018年を振り返って

f:id:i5nb:20181123024206j:plain

気づいたら2018年が終わろうとしている。

本当にあっという間だった。

個人的には、ここ最近で一番印象深い1年となった。なんと言ってもやめたくて仕方がなかった大学を辞め、かなり自由な存在となったことは非常に大きい。

中学〜大学までの僕というのは思想や行動においてかなり制限された存在だった。というのも、本当にスパルタな環境にいた時間は短いが、空気を読んで周りと同化しなければいけないことが多かったのだ。同化している自分を反吐が出るほど嫌悪していたし、そんな環境から離れられた2018年はある意味夢みたいな時間だった。

また、僕の周りにも進学した人や休学した人、退学した人、就職した人や突然仕事をやめた人がいて、1年を通していろいろな人と関われた。今まで一切かかわらなかった人と仲良くなれたり、逆に仲良かった人と離れたりした。いろいろな意味で面白い新陳代謝だったと思う。

社会的にも大きな変化のある1年だった。「平成最後」をスローガンに多くの広告が出され、「東京オリンピックに向けて」を建前にたくさんの投資がされているような気がする。

そんな中世界情勢もちょっとずつ変わり、朝鮮半島情勢が米朝首脳会談により大きく変わろうとしたりシリアの米軍撤退が発表されるなど、まさに2016年から始まる鎖国の時代が始まるのをひしひしと感じていた。

そんな2018年の僕が何をしていたかと言うと、激動の時代の波に抗うことはせず、実家で暮らしながら週4~5でバイトをし、そこで得たお金で様々なコンテンツを楽しんでいた。

今の生き方が持続的には思えないが、制約だらけだった今までの生活よりは何十倍も幸せで楽しい。そんな僕がここ1年で出会ったコンテンツの中でも特に没頭できたものを列挙して2018年を締めようと思う。

 

バンドリ!ガールズバンドパーティ!

f:id:i5nb:20181231224253j:plain

ちょうど今年の正月に友達に勧められて嫌々ダウンロードして以来、ログインボーナスを取り忘れたことがない。
元々のアニメがそこまで好印象じゃなかったので遊ぶつもりがなかったのだが、「佐倉綾音さんがボーカルやってる」と聞いてダウンロードした。オリジナル楽曲がよかったのと知っている版権曲がたくさん入っていたこと、そして無料のソシャゲとしては最高級の音ゲーGUIを揃えていることに気づきどっぷりハマってしまった。魅力的なキャラとゲーム内イベントで飽きることなく楽しめる。

LVも含め多くのライブイベントに参加した今、バンドリなしの生活は想像できない。

f:id:i5nb:20181231224029j:plain

オタクと富士急ハイランドのガルパコラボ行ったときの写真。まさかテーマパークに来るとは思わなかったけど、めちゃくちゃ楽しかった…… ちなみに僕はモカちゃん推しです。

 

ゾンビランドサガ

f:id:i5nb:20181231224959p:plain

2018年は例年通りたくさんアニメを見たわけだが、個人的に一番おもしろかった。ここ2,3年で一番と言っても誇張表現ではなかろう。

僕みたいにアニメ飽きた人がたどり着くアニメなんだろうなあと思う。アイドルアニメとかラブコメとかもうお腹いっぱいだし、でも頑張ってる女の子を見たいっていう矛盾したワガママを解決してくれる面白い作品だった。

勝手な仮説なんだけど、みんな一度死んでるっていう前提があるからこそ無駄にポジティブなあの雰囲気に説得力があるんだろうなあと思う。

特に7話の絶望的にギクシャクした状況を打開しつつ、トラウマを乗り越えるあの演出は久しぶりに感動できた。最終話の立ち直りも含め、全く見通しがわからないあの感じはアニメのテンプレに飽きた僕にはよく刺さった。

劇中歌もめちゃくちゃいいし、周りに布教しまくってる。やっぱりいいアニメはみんな見てくれる。佐賀行きたいなあ。

www.youtube.com

 

マブラヴ オルタネイティヴ

www.youtube.com

以前少し記事を書いたから割愛するが、今までやったゲームの中でもトップ5には入る良作だった。

途中の展開がアツすぎて一日中マブラヴのことを考えていたし、終わってからも酷い喪失感を味わった。

グラフィック的にもグロいし展開もどうしようもないくらい暗いが、そんな絶望の中でも進む主人公一同は純粋にすごいと思った。久々に死について考えさせられたし、マブラヴはある意味教養なのかもしれない。

 

種子島

f:id:i5nb:20181231230339j:plain

10月に一人旅で種子島に行った。前から行きたいとは考えていたのだが、やはり地理的にも時間的にも合わずなかなか行けなかった。今となっては何でもっと早く行かなかったのだろうという気持ちが強い。

これに関しては全て羅列しても長くなるだけなのでまた今度じっくり記事を書こうと思う。

 

Good Will Hunting

www.youtube.com

今年観た映画の中で一番面白かった。とは言っても、僕は基本映画を見ないから、少ない母数のうちの一番なんだけどね。

97年の映画らしいが、今でも全然見れる良作。MITで清掃員として働く高卒のチンピラが、実はバケモノ級の天才だったという話。心理士とのカウンセリングで持つもの持たざるものの葛藤を上手くコントラストした、非常にいい作品だった。

 

その他

ZAQやFlowersのライブに顔を出したりした。実は今年になるまでオタクライブに行ったことがほとんどない。地方や海外に住むことによる地理的な制限があったのもあるが、そもそもアニソンを生で聴くという発想そのものがなかったからだ。

夏・冬コミや他の同人即売会にも行けたし、オタク活動の観点で言ったら面白い1年だったと思う。

 

というわけで良いお年を。流石に来年も無職ってことはないだろうけど、無職一周忌は迎えそう。そのときには改めて無職に関する振り返りでもしようかな。

来年はもうちょいブログ書こうかなとも。まあいつも通り気が向いたらのスタンスで。

マブラヴオルタネイティヴとヴィジュアルノベルの強み

マブラヴオルタネイティヴを攻略した。もちろんR18版。

総プレイ時間30時間くらいかな?先週の水曜日に買って日曜日に終わらせたけど、木金は働いてたから実質3日で1日10時間前後プレイした計算になる。映画ですら集中力が続かない僕がここまで何かに釘付けになったのは久々だった。まあいつもの如くずっと画面を見続けるのはきついのでたまに運動したりしたけど、それでもここまで集中できたのは奇跡に近い。

率直な感想を言うと、マブラヴオルタネイティヴは今までで一番リアルに戦闘と死について考えさせられる作品だった。

今まで読んだどの戦争もののフィクション本や映画よりも、「人と人が争う」ことの愚かさや世の不条理というものが鋭く伝わってきた。というのも、本や映画にはかなり極端な弱みがある。言葉だけで伝えるには限界というものが存在するし、映画は尺や演出の影響で単調な見せ方はできない。

 

僕はUNLIMITED編をやった時に「なんでこのゲームをエロゲにする必要があるんだろう」と純粋に疑問に思った。時代性ってものもあるんだろうけど、エロゲというかヴィジュアルノベル全体としてあまり戦闘モノが合わないイメージがあった。映像も少ないし、そもそも戦闘シーンをつけたかったらアクションゲームなり映画なりのほうが割りに合ってる。

まあ、エロシーンを一部つけたかったからなのかな、というのも推測できた。ちなみにマブラヴ無印はPSVitaでやったため、そのような描写を見てないからこのような疑問が浮かんだというのも否めない。ただ全年齢版でも一応ぼかしながら濡れ場を描けたんだから、無理にエロゲにする必要性が見当たらなかった。

 

ゲームが終わってから思ったのは、これはむしろヴィジュアルノベルだからこそ伝えられるメッセージがあったのでは?ということだ。

例えば伊隅大尉が佐渡島で凄乃皇弐型の破壊をしたときの伊隅ヴァルキリーズ各メンバーとの最期の会話というのも、映画やアクションゲームでちんたらやってもイライラするだけだ。

BETAの横浜基地奇襲戦の様子も、武と速瀬視点と涼宮姉視点と冥夜視点と……と全部いちいち確認するのはやはり途轍もない時間が掛かるし、それでも全て確認しないと速瀬の最期と純夏が持つ能力の関連性が導けない。

最後の方で夕呼先生が言った「BETAとのコミュニケーション以前に、人間同士の相互理解が必要なの。それこそが、人類生存の鍵を握っているわ」というセリフも、あの巨大な世界観を理解した上で納得できるもので、2時間の映画で言われてもちょっと唐突すぎる。

やはりどんなバチバチな戦闘ものだろうと、大きく広げた風呂敷をじっくり回収するには映画や本という媒体よりもヴィジュアルノベルが強いのかな?と思った。的確に描写を伝えつつ時間をかけて一つ一つの言葉を解釈してもらうには、ヴィジュアルノベルが一番効果的なのかもしれない。

 

それにしても、なんでマブラヴやシュタゲ、Fateのような巨大な世界観のヴィジュアルノベルがあまりないのだろう。無理に凝りすぎたアクションゲームを作るよりも比較的低予算でプレイヤーにじっくり世界観を味わえさせることができる気がするんだけど。まあそもそもここまで大きい世界観を作った時点で既に低予算ではないんだろうけど。

もちろん、恋愛ものを否定するつもりは全く無いし、そういうゲームを昔からやってきた僕はむしろ肯定派だ。

僕が言いたいのは、ヴィジュアルノベルというのが「映画」「アニメ」「本」「音楽」「ゲーム」と言ったメッセージを伝える媒体の候補の一つとしてあまり浸透してないんじゃないかな、ということだ。

それはそもそもヴィジュアルノベルの過半数がエロゲだからっていうのもあるし、そのエロゲ業界というのがかなりクローズドな環境だから印象として煙たがられやすいから、というのもあるだろう。

しかしスマホが浸透したことで、スマホのような低スペックコンピュータでも遊べるヴィジュアルノベルというのも少しずつ受け入れられている気もする。実際、アニメ絵を使うかなりのスマホゲームはヴィジュアルノベルでストーリーを進めていたりする。

何となく、これからヴィジュアルノベルの「触っちゃいけない感」が剥がれていく気がする。スマホゲームの浸透によって、ヴィジュアルノベルが媒体の一つとして考慮される日はそう遠くないと思う。

そうなった時、ヴィジュアルノベルの名作というのが増えることを強く望む。

軌跡シリーズやマブラヴのように独自の巨大な世界観を持つ作品を愛する者として、そのような世界観を比較的低コストで高い次元で実現できるプラットフォームが浸透することは非常に佳いことなのだ。

テイラー・スウィフトの投稿は民主党を優位に回すか

www.instagram.com

歌手のテイラー・スウィフト中間選挙に向けて初めて政治的なコメントをしたことで話題になった。日本語訳はこっち↓

www.huffingtonpost.jp

インスタグラムの投稿によると、テネシー州民主党候補であるPhil BredesenとJim Cooperに、それぞれ上院下院で投票するらしい。

そして投票の決め手になったのは(特にPhil Bredesenについては)LGBTQの差別解消やマイノリティの援助らしい。

 

多分ちょっとでも感くぐりやすい人というか懐疑的な人だったら、そこまで捻くれてなくても「誰がカネを払ったんだ?」と疑問に思うだろう。そしてそんなことを言ってる人はあまりいないので、もしかしたら自分が捻くれすぎてるだけかもと勘違いしてしまう。

だが、僕も全く同じ気持ちだ。誰がこのキャンペーンにカネを払ったんだろう。

この投稿でスウィフトが批判しているMarsha Blackburnという下院議員は、テネシー州 中間選挙そこそこ優位にいるらしい

42%の支持を受けているPhil Bredesenに対して50%の支持を受けているMarsha Blackburnなのでまあなかなか難しい。そもそもテネシー州はブッシュ・マケイン・ロムニー・トランプと共和党を支持し続けてきた真っ赤な州なのだ。この状況を巻き返す方法など、セレブリティに頼み込むくらいしかないのかな、と想像できる。

 

ちなみに下院で推薦しているJim Cooperという候補だが、投票記録を見る限り愛国者法・イラク戦争NSAのスパイ活動という過去20年の過ちスターターパックの全てに賛成してきた、アメリカのみならず世界を駄目にする腐敗民主党議員だ。

2008年の選挙の際に国民健康保険の是非の議論をしたときには、Cooperのあまりにも近代的というか退廃的で保守的なリフォームに流石のヒラリー・クリントンも反対したという(今となっては都市伝説ものだが、当時のヒラリーは強制医療保険に前向きだった。2016年選挙ではトランプが保険にやや賛成の意を示し、ヒラリーはそれを笑って蹴った)。特徴的なウォールストリートにべったりしてる民主党議員としか言いようがない。

そんなのたくさんいるから普通じゃんと思われそうだが、そもそもこのスターターパックに賛成してる多くの議員が未だにのうのうと在籍してる事実のほうがおかしいのだ。

スウィフトはBlackburnの投票記録をもとにいろいろ批判しているわけだが、つまりどのようにして候補の投票記録を確認するのか知っているのだろう。もっというと、彼女がJim Cooperはどういう人物なのかわかって言ってると僕は確信している。

なんというかカネの匂いしかしない候補なのだが、このような人物を支持すると表明して若者に投票せよと激励されても、なんかキナ臭い感じしかしない。

 

もちろん極論でしかないが、もしここまで書いた文章が百万人の人に読まれたとしたら、何十万人という人が僕の意見に概ね納得すると思う。おそらくは、僕が今書いた文章を読む以前に自分で出した結論で全く同じ感想が出来上がってる人も少なくないはずだ。

それなのに同じような声をあまり聞かないのは、過剰なポリコレ意識があるからではないか?

ポリコレというのは一種の呪文みたいなもので、具体的には”私はマイノリティを支援します"”いかなるジェンダーアイデンティティにも差別しないと誓います”と前置きを書くだけで呪文が発動し、その意見に逆らうものはどんなにまっとうなことを言おうと「反ポリコレ」という理由だけで論破されてしまう。

この発言に関する何かしらのネガティブなレスポンスをした場合、民主党候補を支持する人に反対した→民主党の反対は共和党→例の共和党候補は反LGBTQで反男女平等→よってお前は差別主義者、といった思考回路で殴られるのがお決まりのパターンなのだ。だから堂々と反対するのは論理的に正しかろうが"仕組み"的に間違ってるから間違ってることとされる。

このポリコレ意識が蔓延している間は"差別反対”を全面に出している人に対して些細な疑問を投げることは許されないので、必然的にスウィフトにネガティブな反応を公に見せている人は実際よりも少ないはずだ。

 

本題に入ると、このスウィフトのムーブは民主党的に見て正しいものだったのか、ということが疑問に残る。

これがどう話題を呼ぼうと、中間選挙や2020年の選挙で民主党を優位に回さないと意味がない。どこからどこにカネが入ったのか知らないけど、DNCもスウィフトも相互メリットがあると踏んでこの行動に出たわけだから、民主党的にも自身が優位に回ったかを分析する必要は大いにある。

結論から言うと、少なくとも中間選挙民主党議員を上手くアピールすることはできないと思う。もしかしたらスウィフトが推薦した二人の候補の支持率は上がるかもしれないけど、他の州ではあまり良い方に回らないだろう。

この手のセレブリティが前に出てポリコレ論を説教する姿に多くの人々はうんざりしている。一番わかりやすいのは16年の大統領選で投票直前に出てきたビヨンセだが、成金タレントが"差別反対!""差別反対!""差別反対!"と御託を並べても、ほとんどの人は差別以前にカツカツの世界で生きているので心に響かない。

こういう連中に限って、差別反対とセレブに言わせて庶民を扇動する裏で汚いカネを動かしている。成金貴族がカネをばら撒くはずがないので、庶民に寄り添うような顔をしている割に彼らが提唱する経済政策や社会政策は庶民に厳しい。

アメリカ国民の中流階級はちょっとずつポリコレの呪文のバカバカしさに気づいているし、それが初めて数値として反映されたのが16年選挙なのだ。

 

DNCは、ここ2年で何を反省したのだろうか?僕はてっきりトランプの勝利を見て戦略を見直したのかと思ってたけど、もしかして全部ロシアとプーチンのせいにして考えるのをやめちゃったのかな?

セレブにポリコレ主義を代弁させることこそがアメリカを分断する要因の一つだ。事実、セレブの寄せ集めに"I'm with her"と言わせたヒラリーはかなりの国民を苛つかせた。今回のスウィフトのパフォーマンスによって、多くの若者が白けた気持ちになったのは確かだろう。

スウィフトの真意は知らないけど、差別反対なんて何百番煎じだよって感じだし、これはDNCから見たらあまりいい一手ではないだろうなあと思う。

 

これに関して日本人である僕ができることなんて目を細めて対岸の火事を眺めるような気持ちで今後の動向に注目することくらいしかないのだが、それが対岸の火事で済まされないから面倒くさい。